IoT のための電子工作入門

ホーム > PIC マイコン入門 > 開発環境の準備

開発環境の準備

PIC マイコンは米国 マイクロチップテクノロジー社の制御用 IC です。

ソフトウェアの開発については、マイクロチップ社から無償の開発環境をダウンロードして利用できます。 開発環境は MPLAB X といいます。その環境で C 言語またはアセンブラでプログラムを記述できます。

開発したソフトウェアは PIC チップ内のフラッシュメモリに書き込んで使います。

PIC チップにプログラムを書き込むためには、専用のプログラマ (書き込みツール) を利用すると簡単に書き込むことができます。

したがって、PIC マイコンを利用するために必要なツール類は、次の通りです。

  • PIC 本体
  • ソフトウェア開発環境 (MPLAB X とコンパイラ類)
  • プログラマ

それでは、それぞれみてみましょう。

PIC 本体

PIC はマイクロチップ社の制御用 IC の総称で、実際の IC としてはたくさんのラインアップがあります。

デバイスファミリとして、PIC10、PIC12、 PIC16、PIC18 等のファミリがあり、さらに例えば PIC12 の中に PIC12F635、PIC12F683 などのように個別の IC の型番があります。

ソフトウェア開発環境 (MPLAB X とコンパイラ類)

ソフトウェアの開発環境として、マイクロチップ社のサイトから MPLAB X を無償でダウンロードして利用できます。

Microchip MPLAB X ページ

また C コンパイラとして、XC コンパイラも同様に無償で利用できます。

MPLAB XC コンパイラ

プログラマ

PIC にプログラムを書き込むツールをプログラマー (とかライター) といいます。

Microchip 社の純正プログラマーである PICKit 3 がおすすめです。

互換製品もありますので、アマゾンの検索結果を載せておきます。

アマゾン ~ PICKit 3 で検索
Amazon.com で PICKit 3 で検索

その他、一般的な電子工作と同様にブレッドボードやジャンパワイヤー等が必要です。

ホーム > PIC マイコン入門 > 開発環境の準備