IoT のための電子工作入門

ホーム > 電子工作入門 > GPS モジュールを PC のシリアルポートへ接続し NMEA データを確認する方法

GPS モジュールを PC のシリアルポートへ接続し NMEA データを確認する方法

NEO-6M などの GPS モジュールからのデータは NMEA プロトコルと呼ばれるデータフォーマットであることは、 「GPS - NMEA プロトコルを眺めてみよう」で簡単に説明しました。

ここでは、GPS からのデータを PC のシリアルポートを使って直接確認する方法を示します。

ここで使用するのは、NEO-6M GPSモジュールFT232RL FTDI USB - TTLシリアルアダプタ です。

FT232RL FTDI アダプタとの接続

NEO-6M (GPS) の入力電圧は 2.7V から 3.6V の範囲とする必要があるので、FT232RL のジャンパーを設定して 3.3V にします。

FT232RL FTDI アダプタの GRD と GPS モジュールの GRD、FTDI アダプタの VCC と GPS モジュールの VSS、 FTDI アダプタの RX と GPS モジュールの TX、 FTDI アダプタの TX と GPS モジュールの RX をそれぞれ接続します。

次に USB で PC と接続します。

ここで PC は Linux (Ubuntu 16.04 LTS) を使っています。

シリアルポート・ターミナルとして gtkterm を利用します。ポートは /dev/ttyUSB0 としています。

UART ポート探しはアダプタの USB を接続した後、次のコマンドが使えます。

$ setserial -g /dev/ttyUSB[01234]

ちなみにシリアルポートにアクセスできない場合は、ユーザを dialout に追加するなど必要です。

$ ls -l /dev/ttyUSB0
$ sudo adduser $USER dialout

以上でシリアルポートの内容が確認できるはずです。

ちなみに、上記 gtkterm のウィンドウタイトル等にある 8-N-1 は、データビット長(8)、パリティ無し(N)、ストップビット(1) を意味してます。

ホーム > 電子工作入門 > GPS モジュールを PC のシリアルポートへ接続し NMEA データを確認する方法