IoT のための電子工作入門

ホーム > ArduinoArduino > Bluetooth シリアルモジュール HC-06 の設定

Bluetooth シリアルモジュール HC-06 の設定

ここでは Bluetooth を利用するときに実施する Bluetooth モジュールの設定方法について説明します。

利用したモジュールは HC-06 というモジュールです。

ワイヤレスの接続は Bluetooth ですが、Arduino とはシリアルインターフェイスで接続するので簡単に利用できます。

PC とシリアルポートで接続して、AT コマンドを送ることでデバイス名やボーレートなどが設定できます。 シリアルポートなので、PC と USB 接続するには FT232RL FTDI アダプタを利用します。

アダプターのジャンパ設定で 3.3V にします。

ターミナルをいくつか試しましたが Windows で RealTerm を利用して設定するのが一番便利でした。

COM ポート番号はここで設定します (Linux なら /dev/ttyUSB0 など)。

スクリーンショットではボーレートは 38400 にしてますが、既定の設定では 9600 です。

"AT" という文字を送って、"OK" が返れば接続できています。

バージョンの確認なら "AT+VERSION" を送ります。

このように、AT+コマンドという形式のデータを送ることでモジュールの設定を行うことができます。

今回実施したのは次のコマンドです。

まず、デバイス名を "MYBT1" にしました。それには、次のコマンドです。

AT+NAMEMYBT1

これに対して、OKsetname と返れば成功です。

それからボーレートは 9600 だと遅かったので、ボーレートの設定を変更し 38400 にしました。

AT+BAUD6

6 は 38400 を表しています。

上記設定はモジュール再起動後に有効になります。

その他、PIN ですが、Bluetooth の既定の接続 PIN は 1234 です。

ホーム > ArduinoArduino > Bluetooth シリアルモジュール HC-06 の設定